相続した場合の税に落とし穴あり

相続した場合には、その受け継いだ遺産額は多いと税金が課せられることはよく知られています。この負担は継承財産は多額であれば大きく、特に不動産を相続したときには、難しい問題がでます。
それは、所有している資金では、この負担をまかないきれず、その納税のために継承した不動産を売るなどして処分しなければならない時です。
実はこの不動産を売ってお金を得ることに対しても、無償で不動産を得て転売して利益をまるまる得たと見なされて課税されます。少し不公平にもみえ、二重に負担しているように思えますが、法律ではこのようになっています。
ですのでせっかく価値の高い不動産を相続して、このように二つの税の負担が生じますので結果たいして不動産継承によって利益を得たと感じないこともありますので注意です。
もしこうした負担が煩わしいと考えるならば、相続を放棄することも、行使できる期限は決まっていますが可能ですので考慮したほうがいいと思われます。

相続に際して節税は生前から税理士に相談

税理士に相談 いままで相続税の負担がないケースでも、法改正により税金が課税される場合があります。またもともと課税される場合では、更に負担がふえます。
これには知識のないものは対処しようがなく、課税されるままに支払うことになりますが、そんな場合には生前でもこの税金を少しでも負担しないようにする工夫があり、これを相談できるのが税理士です。
税理士にもこの相続税対策を専門に行うものがいます。生きているか間に親族にどのように贈与するか、財産はお金でなく株や貴金属に換えたこほうが有利か、不動産は処分したほうがいいかあるいが先に贈与するのかなどの具体的事例を相談できます。知識のないものにとって目から鱗が落ちることも提案してくれます。
普段は、会社でも経営していないと関わることもないのが税理士ですが、こうした相続問題のものなら気軽に相談できますし、現在では税理士主催の無料セミナーや初期無料相談もあるので相続問題でお悩みなら利用するのもいいと思われます。

recommend

新宿で水光注射を試す
http://gyoen-beauty.com/suikou.html

2017/4/20 更新


Copyright (C) 2015 Succession manual. All Rights Reserved.